総務人事

上田 周平

2017.03.01 入社

「型にはまらなくていいキャリアプラン」が描ける会社です
後輩の「道しるべ」となる存在になれればと思っています

株式会社ワオホールディングスと出会うまでのことを教えて下さい。

学生時代には、植物の研究をしていました。小さい頃から思考を重ねる事が結構好きで、モノの本質を研究する事も好きでした。社会人になってからは食品開発と品質部門がある会社に入社し務めました。その後、土地の確定測量や、表題登記の家屋調査などを行う会社に転職しました。社会人生活を通して、法律関係に興味が沸き前職では勉強をしながら仕事をしていましたが、実務を行いたいという気持ちがありました。そんな時、宅地建物取引士の方と話す機会があり、自信の知識を活かしながらお客様と向き合って仕事ができる不動産業に魅力を感じ転職を決意しました。会社を探す基準は、社会貢献や理念を謳っているだけではなく、形として社会にイノベーションを起こしている会社や理念を言葉だけで終わらせていない不動産会社でした。全国どこでも行く覚悟で探していたところ、自身が描いていたイメージに近い会社が株式会社ワオホールディングスのグループ会社である不動産福岡だけでした。熊本に住んでいたので、わりと近くてホッとしたのを覚えています。笑

入社の決め手になる出来事などはありましたか?

印象的だったのは、面接で会社にお邪魔した際、フロアにいらした社員の皆さんが起立して出迎え、見送りを下さった事です。普通の事かもしれませんが、私が知る限り、大抵は担当者や部署で来客対応する事が多かったので、とても新鮮でした。ホスピタリティが行き届いている印象でしたね。 一番は何をするにも「おっ!」を大事にしている印象があり、自分が考えていた理想の会社に近いなと感じたところです。

実際にご入社されていかがでしたか?

成長過渡期ということもあり、人数は少なく少数精鋭だと感じました。また、業務に関しては自分が入社した時は、各々の個性や、やり方を活かした仕事をされていたので、よく言えば自由で縛りがないと思いました。しかし、仕組みが統一されていない箇所、業務の効率化を図れる箇所に目がいきました。ですから、整えていける所は整えていく必要があるなと思いました。自分は逆にそういった事をする事が自分の経験を活かす事にも繋がるし会社にも貢献できるのでやりがいを感じる事ができました。自由な環境だからこそ、自己管理が求められるな、と思いました。不動産営業として入社し、課長を任されていましたが、グループの組織改革に伴い、現在は総務人事課の課長として勤務しています。

総務人事課のお仕事で心掛けている事はありますか?

入社される方、今働いている方、退社される方、最初から最後まで関わりのある課です。紳士的であることと、人間関係において組織の中でのバランス感覚を大事にしています。社員としても個人としても相談できるような部署になれるように意識しています。個人的な価値観と、企業の価値観と、相手の価値観、どれも大切にしたいと思っています。

どんなチームをつくっていきたいですか?

充実した日々を過ごせる環境にしたいです。人事は会社の顔を担っているので、物事や心も含めた状況、環境に対して内外共にアンテナを張り、求められるもの以上、創造を超える動きができるように、弛まない努力を行動で示していきたいです。あのチーム楽しそうだなと思ってもらえるような、忙しくてもそれを感じさせないようなチームにしたいです。

これからワオホールディングスで挑戦してみたいことはありますか?

組織をまず大きくしたいです。しかし、ただ大きくするのではなく個々が「おっ!」と思える可能性を実現しやすくする組織を作りたいです。なにより楽しい会社にしたいです。

「おっ!」を生み出すために心掛けている事はありますか?

「おっ!」とは普通をしっかりこなし、少し飛び越えたさきのもっと上をいかなければならないと考えています。自分が普通と思っていた事でも誰かのおっ!に繋がることはありますが、自分も「おっ!」と思える行動が「本当のおっ!」だと思っています。自分が「おっ!カード」を人に贈る時は、自分じゃ思いつかない行動をされた時に贈ります。しかし、カードのやり取りで一番楽しみなことは、貰った人がどんな反応をするかを想像する事です。笑

株式会社ワオホールディングスで活躍する人はどんな人だと思いますか?

自身の仕事や価値観に「理想」を持っている人、自分や周りを「信じる」事ができる人、必要だと思った事を「行動」に移せる人だと思います。

この部署のメンバーのインタビューも見る